“料理嫌い”とゆるベジ

料理が大の苦手、という友達がこの秋に結婚します。
先日、久しぶりに会ったので、花嫁修業の成果を聞いてみると、
「料理のことを考えると気が重たくなる…」と憂うつな顔。

今まで家事を母親にお任せしてた「ツケ」だな~; ̄∀ ̄)
とはいえ、料理は毎日しなくちゃなのに、嫌いってのは可哀想だなぁと思い、
何が嫌いなのか、根ほり葉ほり聞いてみることに。

曰く、
「木のデカイまな板が嫌」「炒め物が面倒」「洗い物が嫌」「お腹空いてる時はおっくう」「いろんなことを一度にできない」などなど……。

ひとつひとつは大したことじゃなくて改善の余地もあることなのに、
塵も積もって「料理嫌い!」になってしまったようす。
加えて、お母さんがやっているようにできないとダメという固定観念もあったようです。


かく言う私も、台所にまったく立てない、という時がありました。どことなく面倒だったんですね。
冷蔵庫の中でしなっていく野菜たちを見ながら「これじゃいけない!」と思い立ち、
台所の何が面倒なのかを具体的に出してみたんです。そして、それらを改善してみたところ、嘘のようにおっくうな気持ちが消えて、今まで通り楽しんで料理をできるようになったんです。

やりにくいこと、面倒なことは、自分がやりやすいように変えちゃえば良い。

これは、ゆるベジ料理教室「another~kitchen」のお手伝いをする中で、教わったことです。どうせ毎日やるなら、少しでも楽しんでやった方が、美味しいものもできますよね!

友達には、あれこれアドバイスしてみたので、ひとつでも嫌いなことが減ると良いな、と思います。


さてさて、9月6日のメニューからオススメの一品をご紹介します(^^)
「ジャージャー麺」。

e0190382_17574045.jpg
これは、浅倉ユキさん(通称あな吉さん)の4冊目のレシピ本「あな吉さんの異国風ゆるベジごはん」からの一品。
ジャージャー麺といえば、肉みそ。ですが、お店で食べると肉オンリーもしくは、キュウリの切れっぱしが申し訳ていどにって感じで、美味しいんだけどなんか野菜足りない感が…。

ゆるベジのジャージャー麺はもちろん野菜100%! にんじんがたっぷり入ってボリューム満点。
肉みそに負けないくらいのコクとパンチのある料理です。カフェではごま油オンリーでお出ししますが、ご家庭で作る時、お好みでラー油を入れるとこれがもう…汗タラタラで夏にぴったり!?な辛さに変身するんですよ~。

ジャージャー麺、ぜひカフェでご賞味ください!
ベジ餃子とのセットでお出しします♪


food styling and photo 宮嵜夕霞
[PR]
by yuruvegecafe | 2009-08-20 18:00 | スタッフ日記
<< 【初日終了】ありがとうございま... ゆるベジcafeの店長です。 >>